THE14thWINNER 2018-03-07T10:42:46+00:00

第14回ベストデビュタント2018受賞者プロフィール

ファッション部門

青木明子(AKIKO AOKI デザイナー)
PROFILE
1986年生まれ。女子美術大学卒業後、英国セントラル・セント・マーチンズでファッションを学ぶ。帰国後、山懸良和が主催する「ここのがっこう」で日本ファッションビジネスを学び、MIKIOSAKABE、Jenny Fax のアシスタントを経験。14 年、AKIKOAOKI を立ち上げ、ブランドコンセプト:現実に潜むファンタジーを、本質的な感覚で切りとっていく。ファッションを生きる行為そのものと捉え、それを纏うひとの生き方や姿勢が感じられる衣服を提案する。
グラフィック・アート部門

かとうみさと(A4A.inc COO/映像監督/アートディレクター/CGデザイナー)
PROFILE
宮城県仙台市出身。東北芸術工科大学を卒業後、CGをデジタルハリウッドにて学ぶ。2013年A4A Inc.入社後、様々なアーティストのや映像制作、アートディレクションに携わり、現在MVやLIVE映像、企業広告まで数々のクリエイションに関わる。
空間デザイン・インテリア部門

増田信吾+大坪克亘(建築家)
PROFILE
2007年から東京を拠点として共同で設計をはじめる。主な受賞に、鹿島出版会 SD Review2008、2009入選、AR Award 2009 commendation(UK)、JCDデザインアワード2011金賞、ar+d Awards for Emerging Architecture2011準大賞(UK)ほか受賞歴、展覧会出展多数。建築とそこに関わる風、雨、音、光などの周辺の様々な要素と、それらが如何に人々や関係することで周辺にとって今までにない新しい価値観となるかを考え設計している。
音楽部門

MARIERIKA (ヴィオラとピアノの姉妹デュオ)
PROFILE
湘南・茅ヶ崎出身のヴィオラとピアノの姉妹デュオ。人の声に近い音色のヴィオラとキラキラと輝くピアノの音色を生かした「ヴィオラとピアノのツイン・ヴォーカル」で、生まれ育った湘南を想い描いたオリジナル曲をはじめ、歌詞のない歌を色鮮やかに歌いあげる。近年は洋楽器で“和”のテイストを取り入れたサウンドを独自の感性で奏で、大和魂をこめた楽曲も多数発信。これまでに4枚のオリジナルアルバムをリリース。‘13~’17年に上映されたANA機内上映番組「SKY EYE~空からのメッセージ~」のテーマ曲をはじめ、そごう横浜店の開店・閉店音楽の提供、ラジオ番組やCMへの楽曲提供など活動の幅を広げている。

中村仁樹(尺八演奏家・作曲家)
PROFILE
東京芸術大学卒業。宇和島文化大使。浄土宗芸術家協会会員。増上寺仏教成人大学講師。第六回尺八新人王決定戦、第三回東京邦楽コンクール、第二回和洋楽器グループコンテストで優勝。読売新聞社賞、日本民謡協会賞受賞他受賞多数。海外公演、メディア出演多数。社寺仏閣で100回超の演奏。Cool Japan認定ダンスミュージックユニットHANABI projectのコンピレーションCDがカナダiTunesダンスチャート1位を獲得。2017年11月崎山つばさwith桜menのメンバーとしてavexよりメジャーデビュー。オリコンウィークリーチャート4位を取得。
特別部門

ZiNEZ (フリースタイル・バスケットボーラー)
PROFILE
東京⽣まれの⽇本とカナダのハーフ。2004年、バスケットボール選⼿を⽬指しカナダのVictoria島へ移住。2006年、フリースタイルバスケットボールと出会い、2008、2009年に⾏われたフリースタイルバスケットボール⽇本⼀決定戦では、史上最年少記録となる18歳での優勝と、初の⽇本⼤会2連覇を成し遂げ、さらに弱冠19歳で世界王者となる。以来、様々な⼤会の優勝を総なめにし、今もなおその実⼒は健在。現在はパフォーマーとしての活動のみならず、世界中でワークショップやトーナメントを主催するなど、フリースタイルバスケットボール界のパイオニアとして世界中の競技者たちに影響を与え続けている。⽇本国内でタレント・モデル・ラジオDJとして活動するかたわら、海外でも多くのバスケットボールイベントに出演、また⼤会審査員として招待されるなど、Internationalに活躍している。